男性

体臭が出来る仕組み

清潔感

体臭ケアに時間をかけている方も多いでしょう。体臭は基本的に細菌が作り出すもので、汗が臭うわけではありません。汗はそもそも無臭で、汗自体は汚いものではありません。しかし汗を栄養とする細菌が繁殖することで臭い成分を発生させ、汗とともに排出されます。排出されるだけでは臭いは伝わりませんが、空気中に触れることで一気に臭いが空気に取り込まれ、臭いとして感じるようになります。体臭を消すことは基本的に無理がありますが、嫌な臭いを出来る限り減らすことは可能です。例えば汗を拭き取る回数を多くすれば細菌の栄養を少なくでき、繁殖を抑えることができます。また汗は臭いこそ無いものの、食べたものによって汗の成分が変わります。この成分の違いが汗の臭いの差になっていて、細菌が作り出すニオイ成分は変わってきます。脂っこいものを食べると汗が臭い理由はこれが原因で、単に汗を拭き取るだけではなく食生活を正す事も大切になってきます。

ただしい体臭ケアを行うことで臭いの予防をすることができます。体臭予防にはベストタイミングと呼ばれる時間帯があります。朝は最も体臭ケアに効果があり、長時間予防することが出来るとされています。その理由として朝しっかりお風呂に入り、綺麗な体にしたうえでケアをすることで、細菌の繁殖に必要な皮脂汚れや汗を押さえることができ、臭い成分が生成されない環境を作ることができます。また朝お風呂に入ることで自律神経が刺激され、新陳代謝を活性化させることで皮脂汚れや汗の成分をクリーンな状態にすることができます。朝お風呂に入る事は非常に魅力的な事が多く、一切入らずにその日の活動を始めるよりは、シャワーだけでも入るほうが健康的な生活をすることができます。